運転視機能ソリューション

運転視機能ソリューションとは

運転に必要な視覚機能の傾向をチェック・トレーニングすることができるソリューションです。
お客様のご要望に合わせて、システム、アプリケーションなど様々な形式でご提供させて頂きます。

安全運転のための視覚機能チェック・トレーニングソリューション
「Driver’s Vision(ドライバーズビジョン)」とは

コンセプト

人間でいうカメラにあたる部分=視機能に着目した、視認する力(見たものを正しく認識し判断する能力)に関連するシステム・コンテンツをご提供致します。オリンパスで培ってきた技術・ノウハウをコンテンツに応用した、人々の快適な生活を支援するためのソリューション事業です。

運転情報の90%は眼(視覚)から

ヒューマンエラーの事故の大半は気がつかなかった、判らなかった、という「見えていなかった」「見えていたけど速度にギャップがあった」などです。
昨今、安全装備搭載車も増えてますが、最終的には人が「見て」「判断」し運転(操作)することになります。視覚能力の傾向を示したり、トレーニングすることで事故を減らす取り組みができないか?というコンセプトを元に開発されたソリューション提供サービスです。

オンライン型

広い対象者に向けてチェック・トレーニングをご提供できます。
運転に必要な視覚能力をデバイスに合わせたコンテンツとしてご提供致します。

システム組み込み型

大型のタッチ式モニターなどの様々なデバイスを使ってチェック・トレーニングが行えます。
運転に必要な視覚能力をコンテンツで数値化し、傾向をつかむことで日々の安全運転に役立てて頂けます。

サービス概要

  • 視覚能力に関連するコンテンツ/システムの企画・開発・運用支援など
  • 各種研究機関と連携したエビデンスデータの取得など

詳しくはお問い合わせ下さい。