工事写真撮影アプリ「TAPSOLカメラ」リリースのお知らせ

2017年10月10日

オリンパスメモリーワークス株式会社(社長:市川哲哉)は、建設現場向け工事写真撮影管理ソリューション「TAPSOL(タプソル)」の工事写真撮影アプリ「TAPSOLカメラ」を2017年10月10日(火)にリリースしました。

TAPSOL(タプソル)カメラは、"工事現場での撮影業務の効率化・品質向上"をスマートに実現するiPad専用工事写真撮影アプリです。

TAPSOLカメラについて

配信形式 iPad向けアプリ
対応端末 iPad mini 4 / iPad mini 3 / iPad Air 2 / iPad Pro(9.7inch)
対応OS iOS(推奨 iOS9以降)
ブラウザ OSの標準ブラウザ
通信環境 インターネット接続(3G、4G、インターネットに接続可能なWi-Fi)
※インターネット環境は、事務所での1回/日程度のサーバーとのデータ更新時に必要。ファイルサイズの大きなデータの送受信はWi-Fi環境の利用を推奨。
ダウンロード App Storeよりダウンロード(2017年10月10日より提供開始)

TAPSOLカメラの特徴

1. 写真の撮り忘れを防ぐピン機能

事前に撮影箇所を設定※1しておくことで、図面上にピンで表示。撮影済み、未撮影が自動で色分けされるので、撮り忘れを防ぐことができます。

※1 撮影箇所の事前設定は、オリンパスメモリーワークスがお預かりした設計図書に基づき、お客さまに代わって実施いたします。設定範囲はお客さまとの事前確認により決定します(「TAPSOLアシスト」サービス)。「TAPSOLアシスト」のご利用には、別途ご契約が必要となります。

2. 黒板記入無しですぐに写真撮影

電子小黒板に対応しているので、黒板の持ち歩きや手書きが不要。すぐに撮影を開始できます。

3. 図面もデータで保存可能

紙で持ち歩いていた図面もデータで保存することが可能。今まで現場で広げていた大きな図面もタブレット内で閲覧することができます。

4. 写真の自動整理

工種工程、撮影日などで写真が自動で整理されるので、撮影後の写真整理が不要。膨大な写真の管理工数も大幅に削減することができます。

5. 工事写真台帳の自動生成

Webアプリ「TAPSOLブック※2 」と連動して、撮影したデータから写真台帳を自動生成。撮影項目を写真台帳に自動転記するので、これまでレイアウトにかかっていた作業時間を大幅に削減することができます。

※2 TAPSOLブックのご利用には、別途会員登録及びご契約が必要となります。

TAPSOL(タプソル)は、オリンパスメモリーワークス株式会社が提供する工事写真撮影から整理、台帳作成までを一気通貫で実現する工事写真撮影管理ソリューションです。撮影アプリ「TAPSOLカメラ」、事前設定サービス「TAPSOLアシスト」、写真管理・台帳作成サービス「TAPSOLブック」からなり、サービスのご利用には別途ご契約が必要となります。

TAPSOLに関するお問い合わせ

オリンパスメモリーワークス株式会社 TAPSOLサポート担当
TEL: 0570-056-755
Mail: support@tapsol.jp
Web: https://tapsol.jp/ 新規タブで開きます

掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。