日本経済新聞社主催「建築・建材展2017」に工事写真管理ソリューション『TAPSOL(タプソル)』 参考出展のお知らせ

2017年2月23日

オリンパスメモリーワークス株式会社(社長:市川哲哉)は、2017年3月7日(火)~10日(金) 東京ビッグサイト 東3・5・6ホールにて開催される、日本経済新聞社主催「建築・建材展2017」の当社ブース(小間番号AC5413)に工事写真管理ソリューション『TAPSOL(タプソル)』を参考出展し、デモンストレーションを行います。
また、入れ替わりの激しい工事現場などで、安価で簡便に作業員の管理用IDカードを作成することができるIDカード作成ソフトウェアも併せて紹介いたします。 ぜひ、来場賜りますようお願い申し上げます。

『TAPSOL(タプソル)』について

TAPSOLは、画像管理、クラウドといった技術をベースにして、工事写真関連業務における撮影~管理・整理~台帳作成までを総合的に行い作業の効率化や安心・安全を実現する、タブレットを使った建築現場向け写真管理ソリューションです。

主な機能

工事写真撮影機能

タブレットを使い、平面図上に配置された撮影ポイント(予め撮影に必要な、撮影情報*が設定されている)を確認しながら撮影することにより、撮り忘れや撮り漏れが生じません。

撮影情報:例えば配筋部分であれば、符号、撮影場所、鉄筋の径やピッチなど。

写真管理・整理機能

撮影した写真は、写真データとその写真に紐づけられたタグ情報がセットでクラウド上に保存されます。そのため必要な写真を簡単に探し出すことができ、またうっかりカメラの中の写真を削除してしまい困ることがありません。

工事写真台帳作成機能

撮影した数百~数万枚の写真の中から、工事写真台帳に必要な写真だけをピックアップして、自動的に工事写真台帳にレイアウトすることができます。一枚一枚写真を配置し、あらためて必要な情報を付記する必要がありません。

動作対象機器は、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad Air2、iPad Pro(9.7インチ)となります。

デジタルカメラなどで撮影した写真も統合的に管理できます。

撮影はタブレットを使って行い、管理・整理および台帳作成はPCからWebブラウザを使って行います。

『スナップカード倶楽部』について

IDカード作成~発行までの実演を行います。
現場で・顔写真を入れて・手軽に・発行できるIDカード作成ソフトウェアです。
クレジットカードのようなPETタイプや、ヘルメット等に貼れるシールタイプをご用意しています。

「建築・建材展2017」<事前登録で入場無料> 新規タブで開きます